So-net無料ブログ作成
検索選択

平和安全法制の成立を祝す

参議院における激しい論議の末
自公の他三党の賛成を得て平和安全法制が成立した。

成立前後から今に至っても反対運動があると報じられている。
確かに、戦後我が国の安全保障の枠組みにとって大きな変化であることは間違いない。

しかし、反対運動をする人達
それに同調する人達
そのうちのどれだけが法案を隅々まで読み込んだのだろう?

僕は一言一句まで読み込んだ。
その上で、この法制は我が国の安全を高めるものだと理解している。
だから、まったく反対運動に共感できない。
彼らはどれだけ法の真意と理解しているのだろう?

野党が指摘するのは曲解に他ならない。
核兵器の運搬だの
徴兵だの
妄想のレベルだ。

平和は妄想では実現しない。
現実の視点で平和と安全を確保しようとする法制の成立を心から祝う。
そして
それが有効に機能して、
我が国を取り巻く冷戦構造の中で
我が国の平和と安全を守ることを期待する。
nice!(28)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 28

コメント 7

井関 太郎

Ujiki.oOさま、平和安全法制の成立を祝う当ブログへのご訪問と「nice」をたまわりありがとうございました。
by 井関 太郎 (2015-09-30 19:38) 

Ujiki.oO

井関 太郎 さん、こんばんは。 Nice!にコメントにありがとう感謝します。 これからも宜しくお願い致します。 これからも宜しくお願い致します。

http://create2014.blog.so-net.ne.jp/Evidence?#comm201509301929
by Ujiki.oO (2015-10-02 17:55) 

an-kazu

青信号だからどうどうと進むだけでは、交通事故が防げない。
それを回避するために、いろいろな対策をする・・・

それと同じだと思うのですが。
by an-kazu (2015-10-10 08:18) 

フォレスト

私も賛成派ですが、逆に反対派の全体主義的な感情に訴えるやり方は疑問です。

自民党も自民党ですが…
by フォレスト (2015-10-10 14:06) 

トメサン

今回は法案のどこに問題あるかよく分かりませんでした。

反対運動もあるようなので反対派の考え方も気になりましたが、反対を標榜する皆さんは、そもそも法案そのものには全く興味ないみたいですね。相手方の趣旨を斟酌して反対意見を述べるのではなく「説明不足だ」というところなど、ひどいというか、卑怯というか、本当に腹が立ちました。行動の真意がよくわからなかったのですが、おそらく、なるべく多くの人を動員して組織化する練習をする、というのが首謀者の真意でしょうね。不安や不満を煽られた真面目で素直な人が可哀想。。みんなが条文に親しめるようになったらいいのですが。

特定秘密保護、TPPでブロック経済化、自衛隊の海外活動柔軟化、をセットで見ると、不穏な感じでやだなぁという気持ちになってましたが、今回の反対派を見てると、なんでもかんでも挙げ足とって煽ってやろうという意気込みの悪い人もかなり多いらしく、特定秘密保護も仕方ないのかな、という気持ちになりました。機能的制度的に各国のパワーバランスが均衡して平和が維持されることを期待します。
by トメサン (2015-10-10 23:54) 

井関 太郎

an-kazuさま、フォレストさま、トメサンさま、niceとコメントありがとうございました。

この法制は、細かい安全装置に相当する規定が複雑に組み込まれて、まるで我が国が得意とする精密機械のようになっています。
だから、端的に要約すればするほど、安全装置が捨象されて危険な法制のように見えてしまいます。
それを「戦争法案」だと言うのは全く怠惰なことだと思います。

今回成立した精密な法制を実際に機能させることこそが我が国の平和と安全に寄与するのだと信じます。

真に国民の幸福を願って、それを実行しようとするのはどちらか?
そこを見極めなければなりません。
by 井関 太郎 (2015-10-11 21:55) 

tarou

お早うございます、石見銀山(銀山地区)に
コメントを頂き有難うございました。

ここを見て世界遺産の見方が少し変わりました、
石見銀山は観光地じゃなく、廃坑になった
鉱山がそのまま残っていました(^O^)

by tarou (2015-10-14 07:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。