So-net無料ブログ作成
検索選択

日本国憲法第九条と国民の福利

 日本国憲法の前文には、以下のようなくだりがある。

 「そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。」

 これを箇条書きにすると、
  国政は
a 国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し
b その権力は国民の代表者がこれを行使し、
c その福利は国民がこれを享受する
d これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。
e われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

 国民が享受すべき最大の福利は、我が国が平和と独立を保つことだ。
 これがあって初めて、日本国憲法が保障する数々の人権を実現できるわけだ。

 日本国憲法第九条は、「平和を愛する諸国民の公正と信義」という大いなる幻想に依拠しており、これを墨守したが故に、「我が国の平和と独立」を危うくし、或いは独立を失うおそれがあるのだとすれば、
 国民は「c その福利は国民がこれを享受する」が否定されることになる。

 従って、我が国の平和と独立を保ち、国民の福利を守るために必要な限度において、第九条は「 e われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。」により、その効力を排除されなければならないと考える。
 これは、僕個人の考えだが、いみじくも「新3要件」の考え方は、これに近いように思える。

nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 7

コメント 2

Silvermac

大いに同意します。
by Silvermac (2015-06-27 05:35) 

井関 太郎

Silvermacさん、ご無沙汰でした。
ありがとうございました。
by 井関 太郎 (2015-06-27 10:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。